プロフィール

自己紹介:

名前:山内 崇嗣(やまうち たかし)

生年月日: 1983年12月5日
出身地: 愛知県名古屋市

職業: 

NPO暮らし方研究所 代表(シェアハウス「佐古木の家」運営)

一般社団法人やまのくち農舎 代表理事

就労継続支援B型事業所ちきりむすひ 管理者兼サービス管理責任者

自給百姓(愛知県愛西市、岐阜県下呂市萩原町山之口)

日本福祉大学中央福祉専門学校非常勤講師(社会福祉士)

野菜宅配(山之口→名古屋市)

 

2009年法政大学大学院 経済学研究科経済学専攻修了(経済学修士)

その後、不織布の営業するも1年足らずで退職。その後障害者施設の生活支援員、そして医療機関のソーシャルワーカーを経て、2014年8月よりNPO暮らし方研究所を立ち上げ、自身でナリワイを起こし生活していくことを始める。

 

2014年7月には、2015年1月入居目標で異世代が住む共同住宅であるシェアハウスを事業着手。

2014年8月より「経済」を教え世の中の動きを経済の視点を持ってして理解することを目標とする「ナリワイ学習塾」開業。

2015年1月20日に愛知県弥富市佐古木でシェアハウス事業開始。

 

2015年1月下旬に岐阜県飛騨萩原町山之口の古民家を譲り受け、二拠点居住が始まる。飛騨萩原、愛知県愛西市(旧立田村)にて自給自足農業を行い、2016年5月障害者就労継続支援B型の就労継続支援B型事業所ちきりむすひ開業。

2017年8月には名古屋事務所開業。医療・福祉相談業を始める。2017年中には下呂市にて古民家を一軒譲り受けることに。オルタナティブ活動を当事者と行っていく予定。

 

次世代が続くことが出来るように橋頭堡を築きたいと思っている。

 

主義主張としては

「脱原発」、「脱経済成長」、「パーマカルチャー」、「減労働増余暇」、「ナリワイ作り」、「二拠点居住」

好きな本は

「空虚な楽園(ガバン・マコーマック著)」、「始まっている未来(宇沢弘文、内橋克人著)」、「鎌田慧著書全般」、「都市を滅ぼせ(中島正著)」、「愚者に問う(倉本聰著)」、「自動車の社会的費用(宇沢弘文著)」、「市場には心がない(都留重人著)」、「ナリワイを作る(伊藤洋志著)」、「フルサトを作る(伊藤洋志、Pha著)」